アクセサリー身の回り装飾品卸製造販売 有限会社ヒリーズ

新着情報

新規格人工汗によるNi(ニッケル)溶出量調査結果

 

弊社では、EU US STANDARD NICKEL LEAD FREE商材、つまり、

ヨーロッパ諸国、アメリカの法規制、規格に準じた、ニッケル、鉛の成分を極力使用しない製品を追及しております。

その中で、人工汗によるNi(ニッケル)溶出量調査の規格が新しく改正されており新規格にて検査を行いました。

結果は、基準をクリアしております。

(検体:S-RG-0063のリング)

人工汗によるリングのNi溶出量調査

 

 

 

○人工汗ニッケル溶出量試験とは?

アクセサリーや衣類に装着される金属(ベルトのバックルやボタン)でアレルギー性接触皮膚炎を発症する場合があります。

金属部に使用されているニッケルと汗が反応して起こることから、ニッケルフリーの製品やコーティングによる対策等が実施されています。

 その発症率は女性の方が多い、またヨーロッパ人の方が多いという調査結果もあります。

(ヨーロッパの女性に限ると20~35%)ヨーロッパではEN1811というニッケルアレルギーに関する規格が施行されています。

 溶出量の基準としては、人工で作製した汗の中に製品を1週間30℃の状態で漬けておき、

その間に溶出するニッケルの量が0.5μg/cm2/week以下であることとされています。

*2015年9月より新規格に

クリック←図による説明

 

 

 

お客様へ

商品写真はできる限り現品を再現するように心がけていますが、ご利用のモニターにより差異が生じます。
あらかじめご了承くださいませ。